豊田市コンサートホール

豊田市コンサートホール「お昼の名曲コンサート」が終わりました。
ピアニスト 熊本マリさんと、名古屋ヴィルトゥオーゼンの二回目の共演でした。
マリさんの、リストやショパンの素晴らしい演奏と、楽しいトークでお客様も大変喜んでいただけました。
b0166391_21491374.jpg
b0166391_21493078.jpg

いつも、明るいマリさん。マリさんの素敵な演奏と、そのエネルギーは私たちを幸せな気分にさせてくれます。また一緒にやりたいと思っています。
[PR]
# by virtuosen | 2011-03-08 21:53

フルート・フリークス第3回コンサート終了

フルート・フリークス第3回コンサート終了が終わりました。3回目ともなると、平野会長も少し余裕さえ感じられました。今泉、伊藤も、もちろんのこと、初めてだった高井も堂々たる演奏でした。
チケットも完売で、ホール一杯のお客さんも楽しんで頂けたようです。
b0166391_14583475.jpg
b0166391_14591921.jpg

途中では、平野会長の誕生日を祝うコーナーもありました。
b0166391_157599.jpg

b0166391_15343100.jpg

楽しいコンサートでした。ご来場ありがとうございました。
[PR]
# by virtuosen | 2011-03-01 15:09 | コンサート

熊本マリさんと再び!!!

2月24日(木)豊田市コンサートホールで、熊本マリ+名古屋ヴィルトゥオーゼンでコンサートを行います。豊田市コンサートホール「お昼の名曲コンサート」シリーズで、
開演は11:30です。
入場料は500円ですので、皆様是非お越しください。
b0166391_21571277.jpg

プログラム
☆ヨハン・シュトラウス Ⅱ  ワルツ「春の声」作品410
☆ショパン  ピアノ協奏曲 第1番より 第2楽章「Romanze」
☆ショパン  ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」
☆マスカーニ  間奏曲
☆ファリャ   火祭の踊り
☆リスト  愛の夢
☆ヨハン・シュトラウス・・・シェーンベルク編曲 ワルツ「皇帝円舞曲」作品437

最後の曲は有名な「皇帝円舞曲」をシェーンベルクが、フルート、クラリネット、
2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとピアノのために編曲したものです。
原曲の魅力を損なわず新しい響きが楽しめます。
[PR]
# by virtuosen | 2011-02-08 22:07 | コンサート

セントレア フルート・フリークス第3回演奏会

2月20日(日)4:00からセントレアホールで、フルート・フリークス第3回演奏会が開催されます。中部国際空港株式会社の平野会長を始めとして、今泉、伊藤、高井の4人のフルートに加え、
名フィルのフルート奏者・橋本、ムラマツフルート講師の白木、そしていつもの名古屋ヴィルトゥオーゼンのメンバーが集まります。今回で3回目になりますが毎回満席で、アットホームでとても良い演奏会だという嬉しい評判を頂いております。今、最後の追い込みの練習に入っています。プログラムは、次のとおりです。是非おいでください。
第1部
☆ヴィヴァルディ  フルート協奏曲 第3番 
☆ヴィヴァルディ  フルート協奏曲 第4番
☆ヴィヴァルディ  フルート協奏曲 第5番
☆ヴィヴァルディ  フルート協奏曲 第6番より ラルゴ

第2部  名古屋ヴィルトゥオーゼン
シュランメル   行進曲「ウィーンはウィーン」
☆ヨハン・シュトラウス(父) ケッテンブリュッケン・ワルツ
☆ヨゼフ・シュトラウス  ポルカ「短いことづて」
☆ヨゼフ。シュトラウス  ポルカ・マズルカ「遠方より」
☆エドゥワルトシュトラウス  電話のポルカ
☆ヨハン・シュトラウス(子)  ポルカ「クラップフェンの森で」
☆ヨハン・シュトラウス(子)  ワルツ「ウィーン気質」

第3部
☆見上げてごらん 夜の星を 
☆フォーレ  パヴァーヌ 
☆エーデルワイス   
b0166391_2273669.jpg
b0166391_2294718.jpg

[PR]
# by virtuosen | 2011-02-03 22:13 | コンサート

ホーネックとのニューイヤー

1月23日、セントレアホールでホーネックと名古屋ヴィルトゥオーゼンの主だったメンバーとのコンサートが行われました。前半はホーネックのソロで、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタでした。ホール自体の響きは少ないほうですが、それも気にならないほどホーネックの音楽が伝わってくる演奏でした。次にモーツァルトのおなじみのアイネ・クライネ・ナハト・ムジークでした。リハーサルも、かなりホーネックのモーツァルトに対する思い入れが感じられるものでしたが、本番も生き生きとした演奏で、いつも聴いているこの曲がとても新鮮に思えました。後半はシュトラウスのポルカ・ワルツでいつものように楽しいコンサートでした。1月29日はしらかわホールで、名フィルとモーツァルトばかりのプログラムでコンサートがあります。ヴァイオリン協奏曲も弾き振りします。素晴らしいモーツァルトが聴けると、楽しみにしています。b0166391_11534999.jpg
[PR]
# by virtuosen | 2011-01-27 11:54